経営アドバイス・コーナー
BESTビジネス 3年無償ホームページのご利用はこちらから
税理士法人 石田経理事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

関東信越税理士会所属

こんな仕事してきました。

こんな仕事してきました。

 監査法人時代と東京で独立していたときの仕事のプロフィールの一部です。うまくいった仕事もうまくいかなかった仕事もあります。 反省の種は尽きません。
 しかし反面それが現在の大切な糧になっていることを実感しています。
仕事を通してすこしでも世の中に自分の体験を還元できたらと思っています。
※現在も関与しているお客様は掲載しておりません

■コンサルティング・管理部門立ち上げ
■財務調査・株価・合併比率
■システムコンサルティング
■人事給与制度立案
■破産
■上場準備
■上場企業等会計監査

コンサルティング・管理部門立ち上げなど

 独立してからの仕事です。それぞれと濃く接することができました。自分も独立した新人経営者としての立場があり、非常に得るものが大きかったです。

◆不動産コンサルティング
3年ほど管理担当取締役としてかかわりました。創業社長の志、その志を実現するための行動力の強さを学びました。今でも自分の決断の際にはあの社長だったらどうだろうか・・と思ったりしています。現在(平成25年)では100人を超える規模になり、志を実現させつつあります。

◆ソフト販売
大企業出身者が集まって作ったベンチャー。人脈、営業力は抜群でしたが、マーケティング力と、コスト管理に難があったようです。自分はメンバーが大企業出身ということに負けてしまって、やるべきことができなかったのではないかと思っています。

◆携帯マーケティング
ネットバブルの渦中に設立された会社です。ビジネスモデルは正しかったですが、マネジメント、営業面とビジネスモデルがマッチしていなかったのかなあと思います。経理部門の立ち上げをやりましたので、何度も徹夜しました。

◆インターネットネットサービス
・ 社長の求めている数字ってなんだろうと考えさせられた会社でした。結局社長は意思決定するための数字がまず必要だということです。今までの会計士としての数字の見方だけではベンチャーの経営はしていけないなと思いました。また、粗利率の低いビジネス、高いビジネスで数字の持つ意味合いは大きく異なるなと思いました。
・ 大企業発のベンチャービジネスの中を見ることができました。大企業の持っているネットワークのすごさというメリットと、様々な面で意思決定のスピードに欠けるというデメリットを間近に見ました。

◆金融システム
独立当初に紹介して頂いた会社です。自分のサービスメニューってなんだろうと考えさせられた仕事でした。会計士、税理士はメニューのないレストランみたいなんだろうなあとあとで気がつきました。

◆マンション販売
独立当初に紹介して頂いた会社です。最終的には契約に至りませんでした。ベンチャー社長の時間感覚と監査法人時代の時間感覚にずれがあったようです。ベンチャー社長のほしいものはきれいなレポートではなく、実効性のあるアドバイスだったんだろうなあと今思っています。

財務調査・株価・合併比率(短期調査)

 主として監査法人時代です。いわゆるM&Aのためにその相手の会社の財政状態などを調査し、合併比率を計算したり、株価評価をしたりしました。2~5日間くらいで現場の調査をおこない、それから1週間くらいでレポートを仕上げるという繰り返しです。短い時間で会社の問題点を見つけ出す手法を習得できたと思います。また、かなり緊張したシチュエーションが多かったです。

◆食品他商社
商社子会社の商社事業部間振替価格の評価。部門間の板挟みになりました。板挟みをどううまくかいくぐるかという意味で上司の老獪さをかいま見ました。

◆流通
地方のスーパーを中心とした企業集団の融資を受けるための企業実体の調査。本来の資金調達先からは断られましたが、レポートを評価して他の金融機関から資金調達ができました。

◆包装機器
包装機械の同業買収の調査。内部管理のずさんさで買収はやめた方がよいとアドバイス。すぐに倒産するかと思ったら2年持ちこたえました。お金さえ回れば企業は当面継続するのだということと利益が出なければいずれお金は回らなくなるという事実を再確認しました。

◆通信システム
大企業が下請企業を救済するための調査。実態の調査をしたうえで、株価の算定をしました。徹夜続きでした。

◆化学品
上場企業の上場子会社2社の合併提案のための財務分析、市場調査をしました。大企業になると経済原則以外の力が大きく働き、結局実現はしませんでした。エクセルのグラフのプロになりました。

◆建設
・ 買収案件。粉飾をしていた会社の経営実態を明らかにしました。実態を知ったときの社長の顔は忘れられません。
・ 買収の意思決定がされないと、3日後の手形が落ちないという調査。口頭レポートにより買収意思決定がなされ、なんとか不渡り回避しました。
・ 相続対策のための株価評価。

◆食品
某有名商品を持つ海外企業の経営権譲渡の入札のための調査。3カ国語の飛び交うミーティングでは完全に『お客様』状態でした。結局落札はできませんでした。

◆酒類販売
規制商品のディスカウンターの買収調査。労務問題も絡んで緊張感がありました。

◆旅館
倒産した会社の経営者が銀行を訴えた時の資料作成。その時点で融資をすべきであったかどうかが争点となっていました。

◆流通
・ 農産物流通の規制緩和に伴う合併案件。収益性と含み益のどちらを評価するかで両社がもめました。空中分解寸前でした。
・ 農産物流通の規制緩和に伴う合併案件で合併比率算定。

◆レーザー機器
株式公開準備のための調査。

◆自動車部品
自動車業界の海外生産移転にともなう買収案件の調査。日本の高度成長期はこのような会社が支えたんだと分かった調査でした。レポートの締め切りぎりぎりで社内で大目玉を食らいました。

◆エンターテイメント機器製造
株式公開準備のための調査。

◆半導体製造
店頭公開企業の子会社による買収案件の調査

◆印刷
公開準備企業(現在店頭公開)による同業種の買収

◆エンターテイメント機器販売
公開準備企業(現在店頭公開)による同業種の買収。その後買った会社も買収されました。

◆エンターテイメント機器製造
ネットバブル期の熱に浮かされたようにお金が集まった会社の監査。

◆OEM製造
会社の要望をきちんと把握できなかったため、報告書の内容が満足のいくものではなかったです。トップの要求のリサーチ不足でした。原価計算は何のために必要なのかをすごく考えました。

システムコンサルティング

◆電子機器販売
・ 公開準備を前提とした基幹業務システムの構築プロジェクトでした。システムコンサルタントと仕事をしました。いつも月次や決算で会社を輪切りにして見る視点ではなく、個々の業務の流れに沿ってシステムを構築するインタビュー技法とまとめ方はとても参考になりました。
・ 原価計算制度の立案とそのシステム化を行いました。

人事給与制度立案

◆3社
人事コンサルタントのサポート役で関与先の人事考課、給与体系の改訂を行いました。会計税務とはまた違った分野なので、刺激にはなりましたが、いろいろな意味で大変でした。

破産

◆不動産賃貸
不動産バブルの崩壊の凄まじさと新しい不動産ビジネスの芽吹きを感じることができました。

上場準備

 上場を目指すためには、様々な条件があります。上場の形式的要件をクリアしていること。決算書が監査されて適正であること、経営全般について証券取引所等の審査を受けることなどがありますが、最初に上場を目指すタイミングにあるかということを調査する段階から、株式上場を果たすまで、監査+αのサービスをする仕事でした。それぞれの会社とかなり濃く接することになります。

◆製造<店頭>
会社の役員の方に実務的なことをいろいろ教えて頂きました。生意気な若造によくつきあって頂いたと思います。自分でも作れるのではないかと錯覚するほど何度も工場のラインを見に行きました。

◆小売<店頭>
社内の人間関係のいろいろを見させて頂きました。また、自分の生活に近い業態なので、とてもおもしろかったです。

◆エンターテイメント<店頭>
公開後、民事再生法申請しました。会計処理の方法で大きく業績が変わってしまう業種ですので、最後までこの会計処理でよいのか悩みました。

◆半導体関連<店頭>
会社の管理体制と利益には相関関係はないなあと思った仕事でした。

◆サービス<店頭>
社長が、先を見ながら会社の中身を次々と変えていった姿は見事でした。

◆住宅販売<二部上場>
大企業のグループ会社の傲慢さとすごさを見ました。

◆抵抗機器製造
公開準備で監査法人が入る前の交通整理のような仕事でした。会社の全体を見回して、優先順位をつけてやる仕事はおもしろかったです。

上場企業会計監査

 ほとんどが監査法人時代の仕事です。主に上場企業の決算書が適正に作成されているかを調べる(監査)仕事です。自分の仕事人生の位置づけは様々な業種の業界構造と収益構造を知ることができたということと、ある程度完成された会社の内部を知ることができたということです。誰もが知っているような超大企業の監査はあまりしていませんね。大企業では、株券や金塊を数えに大金庫に一日缶詰になったことくらいです。

日用品製造:二部上場
食品加工機械製造:一部上場
貴金属販売:商法
電気機械:商社子会社
繊維商社:商社子会社
総合商社:商法
家電品製造:商社子会社
印刷:商社子会社
CADシステム:外資系
医薬品:外資系
保証会社:商法
照明器具リース:外資系
建設:一部上場
エンターテイメント:一部上場
健康食品販売:店頭
コンサルティング:商法

お問合わせ