セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンは、よりよい決断を下すために、当事者以外の専門的知識を持った第三者に意見を求めることをいい、日本では主に医療の現場でよく行われています。

会計・税務のセカンドオピニオン

会計・税務のセカンドオピニオン

今、セカンドオピニオンは医療の現場だけでなく会計・税務の現場においても一般的になりつつあります。

現在、顧問税理士がいらっしゃる方でも、ぜひセカンドオピニオン制度を活用して頂き、顧問税理士を変更することなく、事業再生、財産評価、相続対策にお役立て下さい。


このようなお悩みをお抱えの方はぜひご相談下さい。

1.決算書の内容が正しいか確かめてほしい。
2.顧問税理士が事業計画などの策定を支援してくれない。
3.顧問税理士が経営の相談にのってくれない。
4.先代からの税理士が高齢で相談しづらい。
5.顧問税理士が相続税に精通していない。
6.事業承継をしたいが顧問税理士が相談にのってくれない。
7.顧問税理士に相談をしても対応が遅く、困っている。
etc..

メールでのお問合せ